CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
神奈川の天気
プラネタリウム
MOBILE
qrcode
伊藤瑞凰先生講演会のご案内
来る10月29日日曜日に、浅草の台東区民会館にて、
恩師 伊藤瑞凰先生の講演会が催されます。
齊藤鳳観先生の青鳳会と、わたしたちの漢法いろは塾との共催です。
去年も開きましたが、大変刺激的な、素晴らしい会でした。楽しかったです。
「九鍼論と臨床」のタイトルで、それは盛り沢山な内容でした。
先生の技を初めて間近で見る人が多く、おおーっ、とあちこちから、歓声や、ためいきが聞こえました。
先生の考案された円鍼や員利鍼の応用に、皆驚き、効果にまた驚いておりました。
今年は毫鍼から、続き+α、で、タイトルは「続・九鍼論と臨床」です。
毫鍼のお話をとても楽しみにしています。

お問い合わせは
 044−435−8131 天地堂鍼灸院 ceb60540@hkg.odn.ne.jp
 042−575−1054 ニコス堂鍼灸院 r100rs@m16.alpha-net.ne.jp
   まで
メールの際は、必ず、タイトルに「講演会」と入れてください。
入れてない場合は、見ないで削除するかも知れません。
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊藤瑞凰先生講演会 参加申し込みの締め切り迫る
きんもくせいの2度目の花が咲きました。街中よい匂いでいっぱいです。

伊藤瑞凰先生の講演会の締め切りが目の前になりました。
定員の100名に近づいていますので、まだお申し込みでない方はお急ぎ下さい。

先生は去年の九鍼のお話の残りに加えて、実際の臨床を古典に照らし合わせ、
古典の臨床的な解釈を 私たちに伝えたいと頑張ってくださっています。

もう臨床に携わっていらっしゃる方も、学校で学んでいらっしゃる方も、
元気の出るお話ですよ。
お楽しみに!もうすぐですよ。

連絡先は
 天地堂鍼灸院  044−435−8131
 ニコス堂鍼灸院 042−575−1054    まで
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊藤瑞凰先生講演会が終わりました
10月29日 台東区民会館にて 伊藤瑞凰先生講演会が開かれました。
申し込みが、100人の予定に対して134人に達し、会場の設営や、実技のとき、どうやって全部の人に見ていただけるか、心配したのですが、青鳳会・いろは塾会員のきびきびした働きと、見に来てくださった方々の協力で、本当にうまく運んだと思います。
音響設備の不具合で少し音を絞らざるを得ず、そのため聞こえにくいという声もありましたので、来年は、そのことも、気をつけて、工夫してゆきたいと思います。

講演会の内容そのものとしては、
伊藤先生の素晴らしいお話と実技に、皆引き入れられ、驚き、喜びのうちに閉会にこぎつけました。
去年の「九鍼論」では、毫鍼の前で時間切れとなり、残念な思いがしましたが、それは、伊藤先生が、思い切り気前良く、普通なら、数回に分けてするような質量共に充実したテキストを用意して下さるので、どう頑張って急いでも、済ませることができないのです。
で、今年はそれに「官鍼篇」が加わったのですが、そう、これも、続きは来年です。お楽しみに!(3年分位ありそうな深い内容です)
今年の実技は大鍼と長鍼でした。驚きの声が方々で上がっていました。
素晴らしいので、来年も是非、続きを聴きにいらしてください。
古典の勉強は、鍼灸の臨床に応用力をつけ、東洋医学の醍醐味である、病名に拠らず その人を見て必要なことをする 自由自在さ、(うまく言えない!)を味わえます。
会場に入りきれる限り、お受けしますので、是非!!
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月のいろは塾
6月の いろは塾が近づいてきました。
今月の素問は、先月に続き『診要経終論』
後半の講義は、森山先生の『東洋医学講座』です。
場所が先月と変り、(いつも通りに戻るのですが)内海ビル302号室です。
実技もあります。

途中からでも参加できます。
鍼灸の応用力をつけたい方にお勧めです。
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 10:09 | comments(0) | - |
7月のいろは塾
7月のいろは塾・・・残念ながらお休みになってしまいました。
ちょうど台風の来る日に当ってしまって、実際はそれましたが、
直撃したら、帰れない人も出てきますので。

この分の例会は、12月や、4月のお休み月に回すことになります。
決まりましたら、また書きます。


| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 19:25 | comments(0) | - |
第3回 伊藤瑞凰先生講演会
秋雨前線のお陰で、少し涼しくなりました。
台風もありましたね。被害はありませんでしたか?

私は、仕事場(鍼灸院)では、冷房は除湿で28〜9℃でつけたり消したり、
家では、32℃以上になると、やはり除湿で設定温度30℃、でつけたり消したり
(それも、この夏の間で、一番暑い1週間くらいでした)
と、あまり冷房をつけなかったせいで、
なんとかそれほど暑さは辛くなく乗り切れましたが、(冷房が辛かったです)
(眠れないくらい暑かったのも2回だけで、夜は冷房なしです。)
秋になり、不調の方も多いのではと思います。
(夏に冷やすと特に 秋に具合悪くなりやすいです。)

さて、
今年も10月に伊藤瑞凰先生の講演会を開きます。
私たちの 漢法いろは塾と、古典鍼灸青鳳会の共催です。
先に、郵送で、今までいらした方にはお知らせしてありますが、
変更が生じました。
去年と同じ台東区民会館の予定でしたが、
日本橋公会堂で開催することになりました。
今年も、臨床に役立つお話がたくさん、実技もあります。
是非おいで下さい。

10月21日 日曜日
12時半より5時まで
日本橋公会堂 二階 第3・4洋室にて
題は「九変に応ずる刺法の臨床応用」です。
テキストは去年のものを引き続き使います。(最初の一部しか出来ませんでしたので)
参加ご希望の方は
044−435−8131 天地堂鍼灸院までお電話下さい

| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 20:11 | comments(0) | - |
2008年度最初のいろは塾
JUGEMテーマ:学問・学校

明日はいよいよ2008年度最初のいろは塾です。
幸いお天気は良さそう。気温も丁度良い、過ごしやすい気温です。
いろは塾のこと、いつも、明日です、とか、済みました、とか、ですが、
いつでも入れますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。
今年度から事務局代表は竹村さん。代々木の竹村鍼灸院の先生です。

毎回、伊藤瑞凰先生の講義テープを起こしたものをもとに『黄帝内経素問』。
それに、塾生の研究発表があります。
実技も、全員参加で行います。
和気藹々とした自由な雰囲気です。
あっさりとしていますが、たぶん、とても勉強になる会だと思います。

今年は、私も発表があり、うーん、これは困った。
ぼつぼつ考えながら暮らしてゆかなくてはなりません。
本も読まねば・・・。

気温の変化が激しく、疲れやすい陽気です。
どうぞ、お体を大切にお過ごし下さい。
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 20:03 | comments(0) | - |
伊藤瑞凰先生講演会
JUGEMテーマ:健康

昨日、10月26日は、恩師 伊藤瑞凰先生の講演会でした。
いつもは、このブログでもお誘いするのですが、今回は早くに定員に達してしまいましたので、何も書いていませんでした。

年に一度のお祭り、という感じです。
先生の講義の、深くて、味わいのあること!!実技の見事なこと!!!
後で青鳳会の藤原さんが、「伊藤先生はお宝を惜しげもなく出してくださったわねえ!」とおっしゃっていましたが、本当に、宝物をふんだんに頂きました。
先生、有り難うございました!!
また、準備をしてくださった、青鳳会といろはの担当者の皆さん、有り難うございました!!

昨日は、他の学会と重なってしまって心配したのですが、沢山の人が集まって下さいました。そして、楽しいときを過ごすことが出来ました。
特に、毎年思うのですが、学生の皆さんの熱心さ、活発さには驚かされます。
私などは、学校時代、いつもぐったりとしていて、勉強会があるということも知りませんでした。
こんなぼやっとした私が、今、なんとか仕事を続けられるのも、
これまで出会った先生方、先輩方、志を同じくする仲間、
そして、信頼してくださる患者さんのお陰です。

この喜びを糧として、明日からもっと勉強に励めますように。
ちょっと近頃「勉強嫌い」になりつつあったので、心を入れ替えて。
新鮮な気持で頑張りたいと思います。

| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 20:46 | comments(0) | - |
新年度のいろは塾
JUGEMテーマ:健康

新緑がきれいですね!
花も好きですが、早春から初夏にかけての緑の移り変わりをみるのが大好きです。
なんだか元気が出ますよね。

昨日はいろは塾のスタッフ会議でした。
来月からまたいよいよ新年度。
2003年に開講して(2002年5月から準備会発足)7年目に入ります。
5月は前半小椋さん、今回は、いつもと違って臨床のお話のテープです。
後半は竹村さんで、会穴の続きです。
また、6月から時間を少し早めてみては、という意見が有り、会員に諮ることになりました。
開始時間を早めて、
終わったあと、引き続き自発的に実技の続きをしたい人や、
話をしたい人が残れるように、ということです。

6月からは私の前半、「玉機眞藏論」が始まります。そろそろ準備しなくてはなりません。
6月後半は角田さんの「アンチエイジング」です。
7月後半は森山先生の「類聚方廣義」
(いろは塾は互いにさん付けで呼ぼうということになっているのですが、
  つい、こうなってしまいます。すごい講義です。
  ついてゆくのは大変ですが、素晴らしい!このいろは塾の宝です。)

いろは塾は、学校と違って、
先生が教えて、生徒が聴く、という考えでは有りません。
それぞれが、積極的に学んで行こうという考えで開いています。
私の講義などはずっこけていますが、それでも、私には役に立ちますし、
聴いた人にも、何かヒントにはなって貰いたいと考えています。
先日、腰痛の治療で、この間調べた素問の文章がとても役に立ちました。
散脈の腰痛!・・・腰痛は奥が深いです。
自分で調べたので、頭に少し残っていたのだと思います。
勉強しないわけではないけれど、どんどん忘れてしまいます。
でも、ときどき、やはり勉強していて良かった!と思います。
願わくは忘れないように。勉強もですが、自分に鍼をもっとして、
体調を整えると身によくつくかもしれませんね。
 
学び初めの頃、本当に偉い先生から言われました。
「何か分かったかい?」・・・「わかりません」
「そうだろう。僕なんか、65歳くらいのとき、やっと少し分かってきたからね。〜君(その先生も偉い先生です)のマネなんかしちゃだめだよ。まだへたくそだからね」
そうか、ずっと勉強なんだな、と思い出しました。 

昨日はその後、会員の岡崎さんのところでご主人の遺品、
おびただしい本を見せて頂きました。
で、その中から欲しいものをいただけることに。
臨床にも いろは塾の勉強に役立ちそうな本がいっぱいありました。
楽しみです。
すごい勉強の跡を見て、なんだかやる気が出ました。
(岡崎さんはご主人ともども鍼灸師で学校の大先輩です。)
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 12:09 | comments(0) | - |
明日は いろは塾
 昨日はのんきに買い物のことなど書いてしまいましたが、
明日は いろは塾。しかも前半は私が当番です。
素問 玉機真蔵論。今回は、冬の脈〜腎の太過・不及までです。
テープは、ひどく荒れていて聞き難かったのですが、
ちょうど、臨床で経験したばかりのことも幾つか出てきて、興味深く聴くことができました。

これから、最後のテープとの突合せです。
今日中に、印刷まで出来ると思います。珍しく早い!
でも、その後が・・・
でも、でも、面白いのですよ。
臨床に直結した「素問」の講義(伊藤瑞凰先生の)に興味のある方は、是非!
5月から始まってはいますが、明日からでも大丈夫です。
明日、後半は角田さんの「アンチエイジングについて」〜楽しみですね。

明日は、1時半始まりとなります。
場所はいつものように、水道橋、内海ビル3階です。
| 鍼灸師・鍼灸学生向け | 14:13 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>