CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
神奈川の天気
プラネタリウム
MOBILE
qrcode
今日は七夕

昼間は暑くても夕方は涼しくなりましたね。

今日は七夕。やっぱり!という感じです。

また暑さが戻る事はあっても、真夏の元気な暑さではなくなります。

日が短くなって、だんだん寂しくなりますね。

秋は少し物悲しく、身体が引き締まって来ます。

 

秋口は、夏の疲れが出ますし、

冷房を使うことの多かった今年は、

よけいに、身体が痛くなる事が多いかもしれません。

そういう時は、温めて気をめぐらさなくてはなりません。

どうぞ、鍼灸をお試しください。

夏バテにも、痛みにも、気分の不調にも、よく効きます。

 

| - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
JUGEM IT! from 生き残った兵士たちを監禁… ミッドウェー海戦大惨敗を隠すために国がしたこと (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
生き残った兵士たちを監禁… ミッドウェー海戦大惨敗を隠すために国がしたこと (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
| - | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は終戦記念日

今日は終戦の日ですね。

このあたりは、母にいつも聞いていた終戦の日のように、よい天気で蝉が鳴いていました。

もう、夜になっても暗くしなくてよいのだ、とそれは嬉しかったそうです。

空襲におびえることなく眠れるのはどんなにほっとしたことでしょう。

 

焼夷弾がぼすぼすと音を立ててそこらじゅうに突き刺さるように落ちて来て、

小さい弟や妹は近くの畑に隠して、大きい子供は火を消したり、家財を運び出したり大変だったそうです。

食べ物も配給では足りず、祖母はしたことのない畑仕事をして子供たちを養いました。

遠くに畑を借りて、大八車で通ったそうです。

 

祖父はどこに居るのかもわかりませんでした。

戦争が始まるずっと前からどこかに連れて行かれて、

終戦後も、だいぶしてから見る影もない様子で帰って来ました。

鉄道員だったので、泰麺鉄道で働かされていたのでした。

 

学校は、母の通っていた学校は工場になり、母たち女学生が飛行機を作っていたし、

小学生でも、農作業の手伝いや、

母も飛行機作りの他、血の染みのある軍服を修繕する作業があったそうです。

ピアニストを目指す友達が、ミシンで指を縫ってしまったそうです。

固くてごわごわの縫いにくい生地だったそうです。

英語は一年しか習えなかった と悔しがっていました。

それなのによく覚えていて、びっくりしていましたけれど。

 

父は、中国から妻と乳飲み子といっしょに引き上げました。

それも、大変だったと思います。

姉は、よく連れて帰ってくれた、と言っていました。

残留孤児となっても不思議ではなかったのです。

 

父からは、中国のことや、兵隊として少しだけ戦争に行った事を聞きました。

鉄砲を打つのはとても怖い事で、目をつぶってしまうから当たらなかったと思うと言っていました。

飛行機に乗りたくて、航空関連の勤めだったのですが、

軍用機に乗ったときは、穴があいてて(爆弾用の)怖かったよとか。

中国の人に混じってご飯を食べるのが楽しみだったとか。

(日本人だとばれないように、耳が聞こえないように振る舞ったそうです)

軍隊に居る時マラリヤにかかったこととか。

軍の病院に居ると死んでしまうと思い、窓から転げ落ちて、外で寝ていて助かったとか。

(後から考えると、もっと詳しく聞けばよかったなあと思います)

 

軍隊のいじめを避けるために、進んで腕立て伏せをしたことや、

中国や、朝鮮半島でみた差別のことも。(とても怒っていました)

あまり話してくれず、話しやすい事だけ話してくれたのだと思います。

 

私が、水俣病や、原発や、その他いろいろ怒っていると、

昔に比べたら良くなっているんだから、これから、もっと良くなるんだから、と言っていました。

(親は一代で築いた大地主だったのに父は農地解放を喜んでいました)

(原発については、どうしてこんな大事な問題が新聞に載らないんだと訝しがっていました。

テレビでも取り上げませんし。私水俣にいるので情報が入っていました。)

 

今の世の中を見たら、どんな気持ちがするでしょう。

私はつい日々の生活に追われて、何もしないまま、怒ってばかりですが、

本当にどうなって行くのか、

少し、時間が出来ますから、(もうあんまりはないでしょうけど)

出来ることを考えなくては と思います。

 

| - | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
温かい食べ物を

母のことを考えると、

最後に、暑さを気にして、冷やし過ぎたり、冷たい物を食べさせたり、していたことが悔やまれますが、

間に合わない事です。せめて、これからに生かさないとと思います。

(毎年、そういうことを気にして暮らしていたから90歳まで生きる事が出来たのだと思います)

 

あれから、一人なので簡単なものばかり食べていますが、考えてみると、温かい物ばかり食べています。

母のベッドは涼しかったことが分かり、冷房が利き過ぎていたことも分かり、

湿気の強い日は冷房も使いますが、なるべく穏やかになるように気をつけていますし、

冷たい物も、疲れているためか、あまり欲しくなくなりました。

(母の部屋に引っ越しましたので、寒かった事などいろいろ分かりました)

 

冷たい物を食べ過ぎたり、冷房を使い過ぎたりしていると、秋口に具合が悪くなります。

もうそろそろです。暑いけれど、少し季節が移ってきているのを感じます。

日は短くなって来ましたよね。

クマゼミの声ばかりしていたのに、ミンミンゼミやツクツクボウシの声も聞かれるようになって来ました。

 

今からでも、気をつけて、体調を崩さないようにしたいと思います。

眠れるようになって来ましたし、(昨日は激しい雷雨で眠れませんでしたが)

ちゃんと食べています。

元気ですから、どうぞ、治療を受けにいらして下さい。

 

 

ついでに書きます。

電車など寒すぎます。上着を持って乗りましょう。

(寒過ぎると伝えることも必要と思います)

 

冷房を使い過ぎていると、夏バテだけでなく、

冬の寒さにも弱くなります。

体温の調節機能が弱るからです。どうぞお気をつけて。

また、早く冷やそうと設定温度を低くする人が多いですが、あまり意味がありません。

目標の温度になさってください。汗がすぐひっこむ温度は低過ぎです。

(汗がとまると体温を下げられません。深部の温度が高いままになるそうです)

 

 

| - | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の金春祭り

ぼーっとしていて終わってから思い出しました。

台風のことを考えていて、思い出しました。

少しは涼しい日だったでしょうか。

 

・・・・みつけました。

今年の金春祭りの動画です。ありがたいです。

http://komparu-ginza.com/video-library/

| - | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月の休診日

また暑くなりましたね。

8月の休診日を決めました。

いつもの日曜日と、最後の週の27日月曜日から29日水曜日まで。

もっとゆっくりにしようかなと思いましたが、なんとなく、

自由になったのに気が進まないので、三日間のみ。

ずっと気になりつつ会いに行けなかった人に会いに行きます。

その他、急に休むかもしれませんので必ず電話していらして下さい。

 

 

母に申し訳ない事をしたということを、毎日毎日繰り返し思い出して、

新たに発見もして、本当に死にたい位辛い気持ちになることもありますが、

仕事中は忘れてしまいますし、

とりあえず、ご飯はちゃんと食べています。

えいやっと台所に立つと、習慣とは恐ろしい、というか有難い物で、

ちゃんとご飯とおかずを作って、栄養のあるものを頂いています。

寝る時はちょっと大変ですが、しかたありません。

でも母が生きている時も、ちょくちょく起こされていたのでいっしょかな。

お礼状がこれからですので、それが難しい事ですね、私には。情けないのですが・・・

まだ諸手続きがありますが、ぼつぼつとは進んでいます。

死ぬ前にしなくてはならないことがいっぱいあるので、頑張れ私 です。

(いつ死ぬかわからないと、これまで以上に思います)

 

| - | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
午後は休みます

時々激しい雨が降りますので、午後は休みます。

 

それにしても台風の被害がないことを祈ります。

特に、この前の水害被災地の人たちは不安の中にいらっしゃることでしょう。

どうぞ被害がありませんように!

 

勉強道具を持って帰ります。

仕事をしている時や、不思議ですが勉強している時が一番楽な気がします。

でも、昨夜は眠れましたよ。眠ると体が楽になるのがはっきりわかります。

ご飯を食べるのはまだちょっと苦しいけれど、頑張って食べています。

(つい多く作ってしまうし、お茶も二人分淹れてしまいます!)

少しずつ、意外と早く、立ち直れるかな と思います。

| - | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
本当はこちらが望み
IMG_1600B.JPG
本当は本人は豆粒位の写真にして頂戴と言っていましたので、こちらが良かったかも。
でも、忘れたので、ちょうど持っていた病床の写真を更にスマートフォンで写した写真になってしまって残念でした。
(もちろん、作って下さった方には感謝しています)ごめんね。おかあさん。
| - | 13:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
告別式に忘れて行ってしまった写真
母.jpg
告別式に写真を忘れて行ってしまいました。写真館の人に無理を言って急いでもらったのに!!
ここに載せてしまいます。もう10年以上前の元気なころの写真です。
| - | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
母が亡くなりました(治療は今日から始めます)

私事ですが、母が一昨日亡くなりました。

10日くらい(8度以上は8日)続いた熱がようやくおさまり、ほっとしたところにまた出ました。

その前元気でしたので、悪い方に考えたくなくて、対応もいい加減になっていましたので後悔しています。

 

月曜日に少し熱がでて、火曜日の夜には9度5分になり、

水曜日の午前2時半にみたときは41度の高熱になっていて、もう意識がありませんでした。

火曜日の様子がとてもおかしかったのに、どうしてよいかわからず、

(熱が高いのに脈がほそくて堅いし、いつもよりぐったり、ぼんやりしていて辛そうでした)

41度の熱と意識不明をみて、訪問診療の夜間窓口に連絡しました。

浮腫みもひどくなっていました。

急激に心不全が悪化したのでしょうという診断で、弱い解熱剤を使って様子を見ることになりました。

お医者さんが帰ると直後に、泡を吹き出しました。

(肺に溜まった水分があふれ出したのです。口の中は真っ白で身体の湿気をあらわしていました)

それと同時に少しのけぞるような下顎呼吸がはっきりしてきました。

弟に連絡して、呼吸が止まるたび、待って〜と顔や胸を撫でて声をかけて、

母も頑張っていましたが、そのうち アーアーと声を出し始めました。

いつも歌を歌っていたので、最近よく謡っていたドレミの歌みたいだなと思い、ドレミの歌を歌いました。

アーアーという声が少し変化するようになり、今度は讃美歌を歌いました。

何曲か歌って、

312番を歌い始めたところ、急にあっと言いました。

きゃ、お葬式みたいだった?ごめんごめん、と見たら、呼吸だけでなく脈も止まっていました。

撫でても軽く叩いても戻りませんでした。

朝の7時40分でした。

 

(病院に連絡するとすぐにお医者さんと看護師さんがいらして、死亡診断と湯灌をして下さいました。

とても丁寧親切で、母の顔は生きていた時よりきれいになりました。

次の日お葬式でしたが、火葬するまでまるで生きているようでした。

時々、動きだしそうでしたし歌い出しそうでしたよ。

焼く前は淋しそうな表情になりましたが、置いておいても腐ってしまうのだと自分に言い聞かせて我慢しました。

葬儀社の方も親切でほっとしました。

告別式の日は涼しくなったのも幸いでしたし、集まって下さった方々も温かい方ばかりで慰められました。

本当に、感謝することばかりでした。)

 

後で考えると、やはり真寒仮熱だったのだなあと思います。

身体の中がとても冷えていて、そのために表面に高熱が出ます。

高熱ですが、普通の熱のように冷ますことを考えると悪化します。

最初の10日間の熱の時にはっきり気づくべきでした。

勿論解熱剤は使わないし励ます治療しかしないけれど、

本人が冷たい物を嫌がっているのに、好きだからと思って食べさせてしまったり、

水を飲ませてしまったりしました。全然効果がなかったのに悟りませんでした。

(去年は脱水で熱が出た事があり、飲ませて解消したのでした)

熱が下がってからだるさが増したのに、おかしいと早く気付くべきでした。

 

わー、私の学問は身についていなかったなあ・・・・

後悔しきりです。

時間が出来たので、勉強をしなくては。

 

娘としても、だめだめでした。

冷たかったと思います。辛いです。

母がいつも許してくれたことを感謝してもしきれないのですが、

自分のこの人間としてのいたらなさは、忘れないようにしたいと思います。

 

こんな私ですが、これからは頑張りますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

仕事は今日の午後から始めます。

明日は台風らしいので、状況によっては休みます。

 

 

| - | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/251PAGES | >>