CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
神奈川の天気
プラネタリウム
MOBILE
qrcode
お勧めの映画と本

ポレポレ東中野で6月1日から14日にかけて、池谷薫監督特集をやっています。

天安門事件30周年企画とのことです。

上映されるのは「延安の娘」「蟻の兵隊」「先祖になる」「ルンタ」

NHKスペシャルの「黄土の民はいま」「西方に黄金夢あり」はセットで。

 

私が見た事があるのは「蟻の兵隊」と「先祖になる」だけですが、

他のも見たいなあと思っていました。

終わるまでに行けるかな・・・

 

昨日、足をくじいたのは、講演会の帰りで、

あまり強い印象を受けて、ぼーっとしていて、駅で階段を踏み外してしまいました。

廖亦武(りょう えきぶ・リャオ イウ)という人の講演でした。

最初に声〜叫び・うめき・歌、それからお話、

それから簫と「おりん」のような楽器の演奏

詩の朗読(おりんのような楽器の演奏といっしょに)

最後に、聞きに来た人皆と音の交り(参加者はエッグシェーカー)

最初の声にも、詩の朗読にも、最後の皆で声(音だけど)出した時も涙が出ました。

心(魂というべきか)を揺さぶられました。

また眠れない波が来ていて、朝から(昨日は午前中用事があり早起き)辛かったのですが、頑張って行って本当に良かったです。

 

今日はまた、ポレポレでもトークイベントでお話が聞けたはずですが、

仕事があり、諦めました。

月末には新しい本「銃弾とアヘン」が、白水社から出るのでそれを読みたいと思います。

アヘンと言うのは、お金のことだそう。なるほど、本当にそうですよね。

人の命よりお金が大事な世の中になっていますが、

それに抗う人も、確かにいるのだと、勇気づけられて帰ることが出来ました。

会を開いてくださった人たちにも紹介してくださった人たちにも感謝です。

 

それにしても、亡命を求めてくる人たちを拒絶することの多い日本。

それなのに、安価な労働力だけは外国に求める厚かましい国。

申し訳ないことだと改めて思いました。

 

(翌日・・・昨日うっかりして、変だなと思いつつ名前の読みを書き間違えました。

  申し訳ありません。失礼いたしました)

| - | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月の予定

昨日からどーんと涼しく(寒い位に!)なりました。

変化が激し過ぎます。

今日は一日雨で、ちょうど昨日足をくじいてしまいましたので 閉じこもって過ごしましたが、

この雨も、激しい雨でしたね。出掛けようという気になれず非常食をお昼にしました。

 

6月の予定ですが、

今週水曜日12日は午後休みます。

29日土曜日も休みます。

他は通常通りですが、突然休むこともありますので、来院の際は必ずお電話下さい。

(通常通り〜日曜日が休診日です。)

 

| - | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
冷えにご用心

暑くなったり涼しくなったり、変化の激しい日が続きます。

一日の内でも朝夕は涼しかったりしますから、調節がやっかいですね。

 

最近、素足の人が増えました。

暑い日は素足が快適ですよね。

でも、そんなに暑くない、むしろ涼しい日にも素足で、

冷房の利いた電車でも素足でいらっしゃる方を見ると、心配になります。

今日は妊婦さんが素足でいらっしゃるのを見ました。!!

(今日は暑くありません)

漢方の考えでは、冷え(寒邪)は足から入ります。(風の邪は首の後ろから)

足を冷やすだけでなく、お腹の中を冷やしてしまいます。

消化器や、生殖器にも影響を及ぼします。

腰痛や神経痛にも勿論影響します。

 

また、風邪を引いている時に 首元のあいた服も良くありません。

スカーフなど巻いていた方が楽でしょう。

足も、勿論、冷やしてはいけません。

喉や頭が痛い人や、咳の時も。

(咳の風邪が流行っているそうです。)

風邪の時は、果物は召し上がらないで下さいね。

冷やす物が多いので食べないが無難です。

 

痛い所は冷えないようにしましょう。

これからの時期は湿気も出て来ます。

冷えと湿気と一緒になると、しつこい痛みになりやすいので

どうぞ、気をつけてお過ごしください。

 

 

| - | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍼は安全な治療法です

図書館で、お医者さんが書いた素人向けの本も借りて来ました。

そしてぱらぱらと読んでいたら、

膝関節付近に鍼をしてはいけません と書いてあります。

炎症性の関節リウマチなどは血行を良くすると悪化するとも書いてあります。

鍼をすることを まず必ず医師に相談するようにとも。

 

関節付近に鍼をしてはいけない!!

どうして?

関節に刺すと細菌感染で化膿する危険があるから、だそうです。

 

あーあー

以前にも、何人か、

歩くのが辛い程、腰や股関節や膝が痛い人に鍼をして、

(どの人も普段から整形外科にかかっている人です)

ああ楽になりました、といって、歩けるようになったら、

どの人も律儀にかかりつけのお医者さんのところに行き、

鍼をしたんですよ、と報告しました。

そうしたら、すぐにやめて、と言われたと・・・

それで、本当にやめてしまいました。

こういう考えだったのだな・・・

まず医師に相談するように、・・・・

鍼灸のことなんて全然知らない医師に相談したら、

ばっさりと否定されてしまうのだな・・・

 

どんな治療をするのか知らないで、どうしてそんなことが言えるのか。

 

第一、鍼で感染して悪化するものなのなら、もう鍼は行われていないでしょう。

(もちろん、まれに、例外的に、起こることもあるかもしれませんが、

普通は、鍼は消毒してあるし、刺すのは慎重です。

そういうことは聞いたことがありません。

全然刺さないやり方だってあるのです。)

現代の医療よりずっと続いて来ているものを、

??????です。

 

中には、病院に行ったら鍼に行くように言われました、とおっしゃる方もあるのですけど、

(いいお医者さんだなあと思います)

鍼をして歩いて病院に行けるようになったのに、

やめろという医師も、言う事を聞く患者さんも、どうなっているのでしょう。

悪化していたら、その場でそういう症状があるはずではありませんか。

あきらかに、前より良くなっているのですよ。それを、

危険だから、というのです。

知らないで。

 

どんなことをするのか知っていたら、止めないと思います。

悪くさせたら、第一、鍼灸師の生活が出来なくなるではありませんか。

そんな危険な事をすると思いますか??

と言いたくなってしまいました。

 

絶対というものは、この世にありませんが、

鍼は安全なものです。

健康保険などで鍼灸師は不利な立場にありながら、まだ絶滅していないのは、

安全で効果があるからです。

(アメリカでは保険会社が、鍼は安くて効果があるからと、治療を勧めると読んだことがあります)

 

 

ちなみに、例えば、膝の治療は、膝の周囲だけでなく、

背中や、お腹や、下肢全体で治療します。

いろいろな人によって違いはありますが、

私の場合は、そんなに深く刺しません。

刺す場所も、関節包などではなく、皮膚や、

深くても筋肉や腱の隙間、際が多いです。

深い、太い鍼を刺す先生でも、事故(悪化)は聞いたことがありません。

また、関節の炎症で、赤く熱を持った場合の治療もしたことがありますが、

熱を払うような鍼の仕方、灸の仕方があるのです。

風邪で熱がある時も、自分自身、鍼を受けに行きます。

炎症にも効くのです。(一応、学校ではするな、と習いますが)

 

長らく薬で抑えていた場合など、たまに、一時的に腫れることはあります。

それは悪化に見えますが、治る力を引きだされて

炎症反応を起こすことで修復に向かっている、ということです。

それもそんなに起こることではありません。

 

炎症、というと、悪い事のように考える方が多いと思いますが、

 

身体が自ら修復している過程こそが炎症なのです。

長引くと、まずいことも起きて来ますが、鍼をすると早く経過するのですよ。

ただ薬で押さえつけるより、炎症が軽く早く進めば良いはずですよね。

鍼は、身体の持つ治癒力を活気づける 効率的な方法なのだと思います。

 

風邪の熱をむやみに冷ますと治りが悪い というのも同じことです。

しかも、むやみに押さえる薬で、他の病気まで起こしたりする可能性があります。

非ステロイド系抗炎症剤(痛み止め、解熱剤)で胃潰瘍とか、昔のインフルエンザ脳症とか、

タミフルやリレンザ、ゾフルーザも、いろいろ問題がるのを聞きます。

 

 

(先々週、ぱらぱらと読んでそのままの記憶で書きましたので、

今、また少し読んで、書き直しました。

割合、良い本だと思いますので、勉強のため借りて来たので、

延長で、もうしばらく借りて置こうと思います。

むっとして、読んでいなかったので)

 

(発表会に出られたのだって、前の日鍼灸を受けて来たからです。)

 

 

| - | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
仕事の事も〜今年も暑熱順化の時期が来ましたよ〜

仕事の事は全然書かないので、まったく遊んで暮らしているかのようです。

で、たまには。

 

ここのところは涼しくて快適ですが、

これから、暑さに向かう時期です。

毎年言っていますが、

暑熱順化が大事ですよ。

すぐに涼しくしようとするのではなく、暑さに慣れること、

身体を動かして、汗をかくようにすると、

真夏になって、熱中症になりにくいのです。

 

今、楽をして、涼しくしていると、汗腺ものんびりしてしまいます。

そうしていきなり暑さががーんと来ると、

汗を出せない、熱がこもる、ということに。

熱中症のもとです。

 

薬などの副作用で汗が出ない人などもありますが、

そういう人は水を掛けるのだとか。

 

汗をかける、ということは、とても大事な事です。

汗をかいて、水分を補給する、というのは、もちろん、欠かせません。

脱水では汗はかけませんから、熱が下げられなくなります。

 

冬は暖かくし過ぎると汗をかいて身体を冷やすし、

夏は涼しくし過ぎると、熱中症のもとになります。

暑さ寒さは衣服で調節し、

暑くなりかけの頃に汗を出す練習をしましょう。

 

電車などはもう冷房が入っていますから、冷房による風邪や痛みにも用心がいりますね。

羽織るものを必ず持って外出しなくてはなりませんね。

 

| - | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
もう元気になりましたよ

昨日は、疲れが、と書きましたが、今日はもう大丈夫です。

天気が明後日まで良さそうなので、今朝も早く起きて洗濯をしてきました。

花粉がたくさん飛んでいる間は、セーターなど干したくなかったし、

大物も、あまり出来ませんでしたが、

まだ少しは飛んでいるけれど、もう、大丈夫でしょう。

晴れると いろんなものを洗濯しています。

 

片付けが大の苦手なのですが、これは、ちょっとずつ。

仕事の合間を縫ってなので、なかなか、

ほぐしては積み上げ、を繰り返して、反ってぐちゃぐちゃになったりしますので、

(もうなっていますが)

なんとか工夫しなくては、と思います。

いらないもの、を先ずまとめようと、それは少しずつ進んでいます。

(少しずつ です)

 

| - | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
元気が出ましたけれど疲れました!

発表会で元気が出たのですよね。

でも、昨日の夕方から、なんだか寒い感じがして来て、

立ってみたら、身体がずしっと疲れています。

 

そうですよね。風邪で辛かったのに、鍼で治りを早めて貰って、

ようやく間に合った所でうんと緊張して舞って、

その後は、興奮しているのでわかりませんでしたけれど、

次の日になって疲れを感じたのでした。

今日も、まだずっしりと体が重いです。

 

昨日早く休んだので早く起きましたが、根を詰めることはしないで、

ゆっくり、片付けたり、本を読んだり、また片付けたりしています。

昨日も早く起きて、洗濯を二回もして、家の掃除もして、

夕方から仕事場も、と思ったのですが出来ませんでした。

 

若い頃は、運動をするとその日に筋肉痛になりましたが、

中年になると、次の日やその次の日に筋肉痛になるように。

それと同じなのでしょうか。年を取ると、翌日や翌々日にどっと疲れが出るのですね。

 

でも、疲れたけれど、なんだか元気なのですよね。

不思議です。

発表会で、いろいろな人の舞台を見て、

本当に力づけられました。

 

後で、打ち上げがあり、スピーチがそれぞれ求められるのですが、

それは、私は散々で、

お礼の言葉も言えず、ごちょごちょと何か短くしゃべって、すみません、という感じ。

本当に、こどものようで恥ずかしい、いい年寄りが・・・・

なのですが、他の人のお話は、それぞれ良かったです。

 

毎年、ふじの会も楽しかったけれど、

春黎会は、おおらかで、包み込まれるような会です。

本当にありがたいです。

会場で言えなくて残念ですけれど、心の中では感謝しています。

 

| - | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
土曜日は休診して申し訳ありませんでした〜もう元気です

土曜日は休診しまして、申し訳ありませんでした。

金曜日からとても辛くなり、熱もあるし、だるくて頭や喉も痛くて、

自信を持ってお受けできないので休診しました。

 

朝からずっと眠り、夕方、鍼灸治療を受けて、夜もしっかり眠って、

朝は多少ふらふらするものの、かなり楽になってお稽古ごとの発表会に行くことが出来ました。

自分の出番が済むとほっとするのと、充実した番組の数々で、元気が出ました。

もう、元気ですから、いつでもお電話下さいませ。

 

元気が出たついでに、この散らかりようも なんとか出来ないかなあ・・・

と 思っています。

 

 

| - | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は休診します

風邪を引いてしまいました。

軽いのですぐによくなるとは思いますが、今日は休みます。

 

| - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
書き忘れていました〜発表会の日時

発表会のこと、なんと日にちを書き忘れていたのですよね!

コメントで教えて頂きました。

それで、本文に書き足しましたが、

あらためて

 

春黎会大会

国立能楽堂にて、5月12日11時開演

 

11時から舞囃子「桜川」

独吟「自然居士」「東北」「伯母捨」

連吟「玉ノ段」「花月」

12時から 能「融」

仕舞「経政」「松風」「車僧」

2時から 番囃子「野宮」

15時40分 狂言 「口真似」

独吟「蟻通」 

番外仕舞「養老」「西行桜」

舞囃子「実方」

番外仕舞「高砂」

        終演5時半頃 

 

入場無料、どなたでもお入りになれます。

出入り自由、席も自由です。

入口に番組はあると思います。

休憩時間はありません。

もしかしたら冷房が入っているかも知れませんので 冷房対策もなさってください。

 

 

私は仕舞なのですが、膝や股関節が痛くて、なかなか練習せず、

今週は、と思っていたら風邪気味となり、昨日はダウンしました。

もう、開き直ってその日を迎えるしかありません。

着物の準備もしなくては。

私のは、以上のようなわけで、是非、とも言えませんが、

毎年 充実した とても楽しみな会です。

どうぞ、お出かけ下さい。

 

 

| - | 11:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/257PAGES | >>